選択肢が広がった持続血糖測定装置

かざすだけで血糖値が分かるFGM(Flash Glucose Monitoring)

アボットジャパンからフリースタイル リブレ(パーソナル)が提供されています。
2017年9月1日に保険適応されました。
腕に50円玉大の使い捨てセンサーを貼り付け、読み取り装置を数センチの距離でかざせば、皮下の間質液中グルコース濃度を知ることができ、かなり正確に血糖値を推定することができます。服の上からでも測定が可能です。
グルコース濃度の表示だけでなく前8時間の血糖グラフとトレンド(上がっているか下がっているか)も表示されます。
2週間の連続使用が可能です。指先血糖測定による補正の必要はありません。
センサー装着部の粘着テープによるかぶれも少なく好評です。装着すると低血糖の頻度が明らかに減ることが報告されています。

librelibresensorLibreproude

 

ポンプに連動する持続血糖測定装置CGM(Continuous Glucose Monitoring)

日本メドトロニック株式会社からインスリンポンプ(620Gなど)に連動するCGMセンサー(ipro2)が提供されています。
保険適用を受けておりインスリンポンプを装着している方で利用が可能です。
センサーは6日間使用が可能。防水加工されておりそのまま入浴も可能です。
CGM装置は皮膚の組織間液のグルコース濃度を測定して血糖値に換算していますので、理想的には一日4回、指先などで血糖自己測定をして正しい値に校正する必要があります。校正しないで 12時間以上経つと測定できなくなります。
血糖の推移がポンプの画面にグラフ表示されますので、低血糖を予防したり、高血糖を是正するのに有用です。
当院ではポンプおよびCGMの外来導入を実施しており、多くの方に利用いただいています。詳しく知りたい方は是非ご相談ください。

pump620gEnlightsensor