予防接種

  • TOP
  • 予防接種

予防接種のご案内

定期予防接種および任意予防接種を実施しています。
ご予約はお電話でも受け付けています

予防接種のご案内
曜日 (4種混合、二種混合、不活化ポリオ、肺炎球菌【プレベナー ニューモバックス】、麻疹・風疹混合、おたふくかぜ、日本脳炎、Hib、肺炎球菌、水痘、インフルエンザ、B型肝炎、ロタ、子宮頚癌)
予約制 (午後 5:00~ 5:30)
予約制 (午後12:00~12:30)
予約制 (午後 5:00~ 5:30)

お子さんの受診や投薬、お薬の飲ませ方、夜尿症、B型肝炎ワクチンなどについてトピックスでご紹介しています

Q&A(麻しん Hib 肺炎球菌 子宮頚がん)

Q1. 麻しん・風しん混合ワクチンの二回接種について教えてください

A. 麻しん・風しん混合ワクチン(MRワクチン)の接種時期は次の通りです。(平成18年4月1日適応)
1回目 :生後12~23か月の人
2回目 :5歳以上7歳未満の人で小学校就学前1年間に該当の人
0歳から3歳までの接種スケジュールは ワクチン.net(田辺三菱製薬)内の「ワクチン接種のスケジュールと流れ」が参考になります。ご覧下さい。

Q2. 麻しん単独ワクチン、風疹単独ワクチンの接種はできますか?

A. はい。可能です。どちらか一方に罹った人、どちらかのワクチンを接種した方などはこちらになります。
(平成18年6月2日適用)

Q3. インフルエンザb型菌ワクチン(Hibワクチン)について教えてください

A. Hibワクチンは髄膜炎を予防します。生後2カ月から接種できます。

Q4. 肺炎球菌ワクチンについて教えてください

A. 肺炎球菌ワクチンは(子供用)と(大人用)があります。
子供用: 乳幼児期の重症肺炎、髄膜炎を予防します。生後2カ月から接種できます。
大人用: 高齢者の肺炎で最も多い肺炎球菌を予防します。

大人用を受けた方がよい方:

  • 65歳以上の方
  • 慢性呼吸器疾患のある方
  • 心不全、腎不全、肝硬変のある方
  • コントロール不良の糖尿病
  • 臓器移植を受ける人または受けた人
  • 多発性骨髄腫などの血液疾患、後天性免疫不全症などの人

Q5. 子宮頚がんワクチンについて教えてください

A. 子宮頚がんワクチンは発がん性のあるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぎます。
11~14歳女児への接種が推奨されています。
大阪市では中学生女子を対象に公費で接種出来ます。